本文へスキップ

千葉県外房/南房総でのリフォームのご相談は株式会社 ネオ・ジャパンへ

電話でのお問い合わせは0475-26-6767

〒297-0063 千葉県茂原市長谷993-2

太陽光発電のことを知ろうdet

太陽光発電

太陽光発電システムは、住宅の屋根などに太陽電池を設置し、太陽の光をエネルギーに変えて家庭内で使う電気をつくる発電システムです。

太陽光で発電した電気は、優先的に家庭内で使用し、電力会社からの電気使用量を減らします。
太陽光発電で家庭内の電気をまかなえない場合は、電力会社から電気を購入して使いますが、
発電量が家庭での電気使用量を上回った場合、余った電気は自動的に電力会社に売却します。
つまり、わが家でつくった電気を使って電気代を節約でき、余った電力を電力会社に売って売電収入も得られる、
「家計にうれしい」発電です。

また、災害時などの停電時には、太陽の光さえあれば、非常用電源としても使え、安心です。

さらに、太陽光発電システムは発電時にCO2などを出さないため、地球環境にやさしいクリーンな発電として注目されています。国も太陽光発電を推奨しており、導入にあたっては補助金制度が設けられています。

曇りや雨の日は、発電量が少なくなるため、売る電気の量は減り、太陽光発電でまかなえない場合は、電力会社から買うことになります。

今、太陽光発電が日本全国で大注目!!

今後の電力不足が深刻化する中、安全でクリーンなエネルギーとして大きな注目を浴びているのが太陽光発電システムです。
CO2を排出することが一切なく、安全で維持費がほとんどかからない太陽光発電は国としても今後の新エネルギーの大きな柱として普及を急いでおり、今後大規模な太陽光発電所が日本各地に建設する動きが始まっています。

このような状況下で、電気料金の大幅な値上げが予想されることも含めて太陽光発電の設置が可能な一般のご家庭でも家計と環境にやさしい太陽光発電の設置を具体的に検討される方が急増しています。

最近の太陽光発電の普及状況は?

太陽光発電は2009年からの補助金復活、売電価格の48円への引き上げをきっかけにこの2年間で急増してきています。
一般住宅用太陽光発電の販売がはじまった1993年には年間 1千世帯にも満たなかった住宅用太陽光発電の設置が2010年には年間10万世帯を超え、累計80万世帯を超え2011年には遂に累計100万世帯を超える位この2~3年で加速化してきています。

太陽光発電の導入宅がここまで急増してきている理由として、
1. 地球温暖化などの環境問題や原子力発電などのエネルギー問題がより深刻化していることにより、関心を持つ人が増加している。
2. 国や自治体のみならず、メーカーおよび販売会社等の太陽光発電の導入普及活動に加え、導入者の紹介により認知度が格段に向上している。
3. 『太陽光発電の導入メリット』について知る機会が増え、太陽光発電に対する理解を持つ人が増えてきたこと。
が挙げられます。

太陽光発電を導入済みの方々のほとんどは、太陽光発電の導入には実に多くのメリットがあることを知っているのです。そして、導入した場合の経済的効果と導入しなかった場合の経済的損失を算出し、『導入した方が経済的効果が高く、その上環境に優しい選択である。』 という結論を出したのです。
今、着実に「自宅で使うの電気をクリーンエネルギーにし、で環境に優しく、かつ経済的に」という方が増えています。

あなたのご自宅も自家発電しませんか?

現在、日本で使われている電力の9割近くは原子力発電や火力発電で作られています。
これらの電力は放射能汚染・地球温暖化加速・化石燃料枯渇など非常に多くの問題を抱えています。
一方、太陽エネルギーは枯渇する心配や危険性は全くない上に、たった1時間のあいだに太陽から放出されるエネルギーで地球全体の消費電力の1年分を賄うと言われています。クリーンで無限に放出され続けるこの自然エネルギーの恩恵を受けない理由はないと思いませんか?
それこそが、現在の生活水準・文明水準を維持しながら、私たちの子供や孫の世代により良い地球環境を残していく最も素晴らしいの方法であるとタイナビは考えています。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電は、太陽光パネルに太陽光が当たることで発電した直流電力をパワーコンディショナという装置にて、家庭電力として使用できる交流電力に変換後、分電盤を通って様々な家電製品に供給される仕組みになっています。

太陽光発電の仕組み(イメージ図)

発電電量が消費電力を上回った場合は、電力会社へ送電し、電気を売ることができます。
一方、曇りや雨など天候が悪い日や夜間などは発電した電力だけでは足りない場合が多いので、その不足分を従来通り電気会社から電気を購入します。
こうした電気の一連のやりとりは全て自動で行われ、操作する必要は一切ありません。

使用電力と太陽光発電量の推移図